「おくすりこくり」とは



                     
  


 今から28年前、介護をしていた母親の願いを叶えたくて考案しました。

 ≪その願いとは≫
   1.お薬を手の平から落とさないこと。
   2.お薬の苦味を舌の上で感じないこと。
   3.服用のためのお水を溢さないこと。
     ドラックストアー、調剤薬局などを探しましたが何処にも叶えられる商品はありませんでした。
     無ければ、自分で造ろうと思ったのがキッカケです。